均整の取れた顔立ちになりたい人にお勧めの方法です

顔の中心パーツを美しく

注射器

顔のコンプレックスを治すために必要な手術

鼻にコンプレックスを抱える人は少なくありません。顔の中心にある目立つパーツであり、顔そのものの印象を左右することもあるため、理想に近づけるために整形手術を行う人はたくさんいます。整形手術を行うのは抵抗がある、費用が高そう、痛そう、といったイメージを持つ人も多いですが、最近では日帰りで出来る簡単で安い手術方法なども確立されてきており、昔に比べ敷居は低くなってきました。そのため、まずはカウンセリングに行き話を聞いてみるということから始めてみると良いでしょう。鼻の整形手術は、鼻穴の大きさを小さくしたい、上向きを下向きにしたい、など様々ですが、その中でも一番多い依頼は「高さを出したい」というものです。高さを出すためには、様々な手術方法を選択できます。例えば、一番手軽な方法はヒアルロン酸注入という治療です。高さを出したい部分にヒアルロン酸を注入することで、その部分に盛り上がりが出来、簡単に高さを作ることが出来ます。痛み、腫れなどの心配もほぼなく、費用も安いので人気の方法ですが、体内に吸収された薬剤は永久に体に残るわけではないので、半年程度で効果は薄れてきます。効果が薄れたと感じたら、追加治療が必要となります。他にも、プロテーゼと呼ばれる人口軟骨を挿入する方法も人気です。メスを入れそこからプロテーゼを挿入するため手術が必要ですが、プロテーゼは体内に吸収されることはないので、一度行えば効果は永久に持続します。また、理想の高さや形を忠実に再現出来るのもメリットの一つです。

他にも、鼻尖縮手術や鼻形成術などの方法もあります。医師と入念なカウンセリングを行い、どの方法がベストか選ぶようにしましょう。手術によっては数日の入院が必要であったり、2回に分けた再手術が必要であったりすることもあります。日程や予算の面と相談して決めることが重要です。また費用についてですが、例えばヒアルロン酸注入であればおよそ6万〜10万円程度、プロテーゼ法であれば30万円程度が相場になります。ただし、クリニックによって設定している費用は大きく異なりますので、ホームページなどで必ず確認しておくことをおすすめします。料金の他、実際に整形を行った人の症例写真や、体験談、口コミなどを見ることも出来るため、非常に参考になります。このような整形手術は健康保険が効かず、すべて実費になるため、後悔のないよう手術を依頼するクリニックや医師は、とくに慎重に選びましょう。「安ければ何でも良い」という考えで選ぶと、のちにトラブルになってしまいます。整形そのものにかかる費用の他にも、様々な料金がかかるからです。たとえばカウンセリング代や麻酔代、痛みが心配な人にはさらに強い麻酔のためのオプション代などがかかる場合もあります。また、アフターケアについても、保障プランによっては追加費用がかかる場合があります。予算は余裕をもって準備しておくと、後でトラブルになる可能性が低くなるのでおすすめです。身の丈に合ったベストな鼻の美容整形を行い、顔に自信を取り戻し、明るい人生を送れるようになりましょう。